top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

苗代ウィーク、ちょっと詰め込み過ぎた

今日から今週いっぱいは苗代ウィーク。苗箱下ろしの本番を25,26日の両日一杯を予定していて、それまでに苗代の不陸直しと播種をしなければならない。このたびは散らかった作業場を片づけるところから始めねばならなくて、今日、苗代の水管理と並行してそれをやっていて、ちょっと待て、工程がかなりきつい。


いつもなら片付けくらいはあらかじめやっておいて、トラブルがあってもいいように少し余裕をもって臨むところだが、このたびは遅れている転作田の耕うんで目いっぱい動いていたので、仕方がなかった。瞬間的には、すでに最悪6月繁忙期並みのきつさ。


これを書く15時の休憩。さて、明日の朝から予定している播種の準備を早く終わらせて、今日中に少しでも苗床の不陸直しをしておきたい。9列の苗床のうち、1列がかなり高く、1列がかなり低い。



残りはちょいちょいと何とかできそうだが、この2列は骨が折れる。隣どうしというのがせめてもの救い。苗代1年目圃場だとこういう難儀がある。一気にやろうとすると疲れて妥協してしまうので、明日、明後日も少しずつやって形にしたい。


最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page