top of page
  • 反田孝之

苦悶の姿を見せること

一昨日、あまりに天気がいいし、土曜日だし、子供が海に行きたいって言うし、ま、いいだろうと思って出かけてみたわけよ。そしたら気分が悪くなって、運転してない間は車の中でずっと寝てて、昼に家に帰ってからはただただ気分が悪くてずっとコタツに入ってくたばるハメに。


翌、日曜はやるぞーっと気合を入れていたのに、朝、まったく動けん・・。誰か引き留めてくれないかなーと思っていたら、次男が「やすんだら」。じゃあしょうがねえなあ、って(笑)。


外食でもしよう!と盛り上がるみんなに断って、1人コタツで寝続けた。そのうち、腰、膝、首、あちこちの関節が痛くなってきて苦悶。こうやっていつ以来かの休日が過ぎ去った。


色選掛けもそれなりに進んで、ついにこの繁忙期のゴールが見えてきた。まだ12月に入ったばかりだから、確率的には山の上への納品の機会は十分にあるから何も無理をすることはないのである。でも十に一つを考えれば妥協せずにやっておいた方がいい。十に一つくらいの事って経営的にはあまりに普通。


将来のことを思うと、子供にはあまり苦悶の姿を見せたくない。しかし私は根が正直なだけに(笑)、なかなか器用に立ち回れない。でも常日頃から、私の誇りは子供らに伝えているつもりだから、これはこれでいいのではないかとも思っている。


私は子供の頃に親父が、学生の頃に恩師が、それぞれ苦労する姿を、親父のは無意識として、恩師のは意識として、それぞれ見てきた。おかげで苦労のハードルが人よりはるかに低いだろうと思っている。このことにはまったく感謝しかない。そしてこの感謝について悔やまれるできごとが最近あった。

最新記事

すべて表示

この言葉が好きである。昨年くらいに本でこの表現に出会った。私が無意識のうちに取ろうとする姿勢がまさにこれ。いかに含蓄がなさそうに振る舞うか。修業時代に学び、憧れ、自然に培った感覚だ。 中身がないことの言い訳だろう、と思うのは自由だし、自然か。私もそう思われて一向に構わない。このことを分かるのは簡単ではないし、分かる必要もない。だからこそ修業は難しい。ついでに、パラドックスぽくてすでに含蓄があるじ

年末くらいからずっと、やたらと眠るようになった。まず夜は毎日9時間くらい寝ている(笑)。朝6時半に起きるというのがバス通学の子供らの日課だが、私が起きれないことで家族で寝坊、ということがあって困る。 そして休日の昼間にも3~4時間くらい寝てしまう。当然子供らから残念がられるし、冬の間にやっておきたい自宅周りのことも一向に手がつかず焦っている。 平時の日中はシャンとしているのが救いか。 例年のことだ

私のファン(笑)の人にはもうお馴染みだろうけれど、「根本」と「対症」というのは私にとってもはや何をするにもキーワードである。しかしここに「順応」という言葉が最近仲間入りした。と言っても私は自然栽培農家だ、順応の概念は当然のように今まであった。だが根本に含める感覚であった。しかしこれは立派に独立した一つのカテゴリーだなと。 順応というのは、あまりにも怪しい。ここに自然という言葉を引っ付けて「自然順

bottom of page