top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

被害の全体像が見えてきた

洪水による農作物被害見込みというのは日々変わっていく。当初ダメだと思ったものが意外と復活してきたり、大丈夫と思ったものが実はダメだったりするからだ。工業製品などと違い、畑も土も作物もみんな生き物なんだから、当たり前のことではある。


このたびは当初覚悟したほどの被害にならなさそうだ。


収穫中の秋蒔きゴボウはすでに3分の1を収穫済みだったわけだが、収穫不能になりそうなのは当時収穫中だった圃場の畝長200mだけだ。もう1枚の圃場(畝長2940m)では流入した土砂がほとんどない上に、水はけが極めて良い畑だったため、ゴボウは何食わぬ顔で生きづいている。


ゴボウは水に浸かると死ぬと思っている人もいるけれど、水に浸かったら死ぬのではなくて酸欠になったら死ぬのだ。水はけがよくて常に水が動いていれば酸欠にはならない。だから我々も何事もなかったかのように現在収穫を進めている。


大豆もここにきて意外と起き上がってきている。



大豆はもともと水に強いので、起き上がってさえくれれば育つものだ。あとの懸念は草。起き上がるといっても地際からでなくて途中からだから、土寄せや除草作業ができずに草に覆われる可能性がある。だから洪水前に最後の土寄せの段階までやっておけば、倒れにくい上に草の問題がなくなる。この度はそこまでできていたのは1.7㏊のうち、わずか0.3㏊だった。だから大豆はまだまだ判断できない。


被害の状況がさっぱり読めないのは春蒔きゴボウだ。


今のところほぼ全滅と読んでいる。ゴボウは生育初期には冠水被害に遭ってもかなり平気。しかしこの度は4月下旬発芽もので「初期」ではない上に、圃場は一か所のみでここは水はけがそれほどではないのだ。土砂の流入は少なく地上部は見た目に復活してきているけれど、過去の経験からきっとダメだろうと。ちなみに2006年も同じ圃場、同じ生育ステージ、同じ時期に洪水を受けた。この時は掘ってみるとほぼ全部で商品価値がなかった。違いは14年が経過し、かつて撒きまくった有機肥料(毒)がいくらかは減っただろうということ。そこで何らかの違いが出ないかなあと、ちょっぴり期待をしている。


経営について1つ触れておきたい。


このたびは昨年からできた「収入保険」のおかげで不安が少ない。これは例年の8~9割の売り上げを保証してくれるもの。この度のように機械や設備の被害さえなければ、経営継続は難しいものではなくなった。心配された方には「なあんだ、そんなのがあるんだ、同情して損したよ。」と思っていただきたい。ただこの国の農業の歴史は農政に振り回されてきたそれだ。このありがたい制度がいつまで続くのかという不安はある。あくまでこれに頼らない経営を作っていくことが必要だ。




最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page