top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

解熱剤を飲もう(笑)

今日の新聞のコラム。解熱剤の服用を勧めるかのようなことを書いていた。無知ならお粗末すぎるし、わざとなら悪質。 「みんな知ってる?お医者さんは風邪ひいた時に解熱剤を飲まないんだよ。」みたいな軽いノリの記事もをネット上でときどき見かけるようになった。最近は天気予報のサイトのコラムで。こういうのがもっと増えて欲しいものだ。 解熱剤くらい飲んだっていいじゃないか、ではない。飲まない方が圧倒的にいいし、飲むと取り返しがつかなくなる場合だってある。このたびのコロナ死も後遺症もワクチン死も、解熱剤服用が助長しているという医者もいるし、私が調べた限りでもそうである。医者の処方で飲むならいいんだろ?もダメ。医者自身が飲まないということがどういうことなのかをよくよく考えるべきだ。 そうすれば島根のような過激なコロナ脳知事も出てこないはず。最近「経団連の会長の言っていることを聞いていたら日本は滅びる」とか何とか吠えておられる。いやいや、あんたの言うことを聞いていたら島根は滅びるわ。すでにたくさん滅びつつあるじゃないか。我が身を振り返った上で、パフォーマンスはもう大概にしてもらいたい。 病院が経営に四苦八苦する構造が根本的に変わらない限り、こういうヤクザまがいの喧伝はなくならないのだろう。ヤクザだなんて言い過ぎだ!って、俺が言ってんじゃないよ、医者本人たちが言ってんだよ。


ウミネコの群れ。代掻きしても逃げない。何喰ってるんだろう。知ってる?ウミネコってにゃあにゃあって鳴くんだよ。事実を知るって楽しいね。


最新記事

すべて表示

また発熱しない風邪

一昨日まで体調を崩し、昨日から始動。おかげで体の芯から疲れが抜けた。今年は年末に体を壊さなかったし、このまま何となくゆるくやって逃げ切ろうと思ってたんだが、そういうレベルではなかったみたい。来年からの参考にする。 ちなみに発熱はなし。それでそれなりに心配した。発熱すればまずは安心、しなければちょっと不安、ってのが常識になればいいと願う。これだけで世の中の大概の問題は解決する。 でもこのたびは発熱し

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

bottom of page