• 反田孝之

読書をして失うものは何か

この1年くらいでトイレ以外でもコンスタントに読書ができるようになった。つまり居間で。子供らが大きくなったおかげだ。


最近は生前に母が読んでいた本を、実家から持ち帰って読んでいる。これがまた面白い。昨日まで読んでたのは三浦綾子の「塩狩峠」。長野政雄を始めて知り、興味のなかったキリスト教や宗教について考える時間を持った。


夏目漱石の「こころ」や山本周五郎の「長い坂」なども然り。やはり本とは他人が勧めたり所持するものを読むに限る。読書の意義を考えるとき、自分が選んだ本ではそれが小さいんじゃないか。そもそもこんな名作たちを絶対選ばないし。


と今、さらりと意義と言ったけれど、読書をして得るもの失うものは何だろうか、ついいつもの癖でそんなことを考える。得るものはまあいいとして、失うものは単に読書のための「時間」だけではあるまい。


そしたら今朝、トイレで養老孟子の「読まない力」という本を開き前書きを見た。朝の時間がない時(笑)だったからななめ読みだったけど、ちゃんと失うものについて書いてあった。でバーっと眺めたら、本は読まない方がいいんだと。ますます読みたくなるじゃねえか。


もっともこの本も以前読んだはずの本。何も内容を覚えていない。読書って怪しいよな。


本と言えば、アマゾンに書評を書いてくれと友人著者からもらった本がある。ちょっとした専門書のため、


これまた斜め読みしただけで、書かないままでもう何年も経ってしまった。しかし忘れてはいない。そう遠くないうちに読んで必ず書く。


それと今思い出した、津和野の田中山太郎(仮名)氏の落とし本を預かっていた。本人はそのうち取りに来ると言ってくれるが、私としては面白そうなのでちょっと拝借して読み終わったら送るつもりでいた。すっかり忘れていた。そろそろ2年も経つ。

最新記事

すべて表示

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親

コロナ対策をすると客は減るんじゃないのかな

新聞に、新型コロナ対策をしている県内飲食店の一覧が乗っててびっくり。凄いね~、まだやるのか~って。 飲食店も大変だ。こういう対策をすることで客の入りは増えるのか減るのかの判断は難しいだろう。行政側も実は苦悩なんじゃないかな。応援のつもりで始めたはものの、状況が変わってきて、あれれ、みたいな。 私のようにこういう対策をしているお店には行きたくない、という人は多いはず。せめて流行っている時なら百歩譲れ

バカにされる日本人

マスク、いい加減に鬱陶しい。欧米見てみろよ。誰もしちゃあいねえだろ。ああ、俺はやらんよ。でもこの1年半で、トータル4時間くらいはせざる得なかった。この大半が学校の授業。しかしね、みなさん一生やる気だろうか。だから日本はバカにされるのよな。ま、テレビと新聞を信じる国だ、日本は。しょうがないか。 あさっては総選挙。マスクやワクチンが気に入らないからというわけではなく前から思っていること。将来的にアメリ