top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

講演会へ行く目的

天気が微妙なので、大豆収穫を諦めて渡地区の耕うんへ。延期はあさってまでか。大豆ってのは雨の翌日は刈らない方がいい、つまり基本的には晴れが2日続いた日に刈るのがいい。今週はこれから用事が入り組んでいるので、段取りが難しくなった。


用事の一つが、土曜日の講演会。内容は何となく想像できるからいいのだけど、ミーハーな私としては「生うつみん」を見てみたい。あれだけ敵を作りながら我が道を行ける人は私にとってはそれだけで尊敬の対象だ。今の私にとってこういうのは、人生の次の一手として自分の「場」を整えるために行った方がいいと思っている。しかし事前申し込みが必要。段取りが決まらないのでそれがずっとできずにいる。


前の日の金曜もほぼ一日空けるし、来週末は息子と遠征の計画を立てている。11月繁忙期までにしっかり遊んでおきたい(笑)。


しかしこの度の11月繁忙期。大豆の収穫作業がこうやって分散するし、ゴボウの作付けを大幅に減らす。死ぬリスクはゼロに近いだろうとかなり心が安らかである。

最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

わからないことだらけの人生

農業、とりわけ我々の様な少数派の自然農業のおもしろいところは、作物の育て方がほとんど確定していないというところだ。土をどんな感じで耕したらいいのかとか、何センチ間隔で種を蒔くとか、草をどうやって抑えるかとか、ようするに何から何まで決まった管理の仕方がない。きっとこうだろうな、と逐一自分で考えてやっている。 おもしろいところ、と書いたが、これを逆に嫌なところと感じる人も多いらしい、というかこちらの方

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page