• 反田孝之

講演会へ行く目的

天気が微妙なので、大豆収穫を諦めて渡地区の耕うんへ。延期はあさってまでか。大豆ってのは雨の翌日は刈らない方がいい、つまり基本的には晴れが2日続いた日に刈るのがいい。今週はこれから用事が入り組んでいるので、段取りが難しくなった。


用事の一つが、土曜日の講演会。内容は何となく想像できるからいいのだけど、ミーハーな私としては「生うつみん」を見てみたい。あれだけ敵を作りながら我が道を行ける人は私にとってはそれだけで尊敬の対象だ。今の私にとってこういうのは、人生の次の一手として自分の「場」を整えるために行った方がいいと思っている。しかし事前申し込みが必要。段取りが決まらないのでそれがずっとできずにいる。


前の日の金曜もほぼ一日空けるし、来週末は息子と遠征の計画を立てている。11月繁忙期までにしっかり遊んでおきたい(笑)。


しかしこの度の11月繁忙期。大豆の収穫作業がこうやって分散するし、ゴボウの作付けを大幅に減らす。死ぬリスクはゼロに近いだろうとかなり心が安らかである。

最新記事

すべて表示

一昨日、あまりに天気がいいし、土曜日だし、子供が海に行きたいって言うし、ま、いいだろうと思って出かけてみたわけよ。そしたら気分が悪くなって、運転してない間は車の中でずっと寝てて、昼に家に帰ってからはただただ気分が悪くてずっとコタツに入ってくたばるハメに。 翌、日曜はやるぞーっと気合を入れていたのに、朝、まったく動けん・・。誰か引き留めてくれないかなーと思っていたら、次男が「やすんだら」。じゃあし

昨日は母の命日。5年前の今日の慌ただしさを思い出す。最後に母に会ったのは亡くなる日の5日前の11月8日。その間、母は九州に行っていたので会えなかったのだ。この5日間の空白が今だに悔しく心に残る。 最近作業の合間に、遠くを見ながらぼんやりと過去を振り返ることが増えてきた。すっかり老いぼれてしまったかのようなことを言う。これを冬へ向かう季節特有の哀愁のせいにしてしまうこともできなくはない。 しかしここ