top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

連休で裕に進める

お昼前後、我が家の庭に数名集まって交流、歓談。一杯やる人、周りを走り回る子供、まじめな話あり、下ネタあり。勢いで楽しい時間。


しかし心にムチ打って2時間キッカリで私はお暇した。作業があるから!


この時期、ガッツリ休むことはなかなかできない。しかしまあ子供らも世間も休み。今感じで少し裕にやる。だから今日一日で、わずか1.3haの耕うん。まあスピードが出せないアッパーロータリーだからね。


ちなみに耕うん目的は、冬の間に生えまくったスズメのテッポウの処理。耕深わずか6~8cmでほぼ埋め込める。この状態で2週間くらいおいて腐熟させてから、再度耕うん、代掻きの流れ。田植えはこの田んぼは今月末。

最新記事

すべて表示

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page