top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

連作障害か

昨日からずっと大豆の土寄せ祭り。いや、すでに草らだらけで上手くいかないから土寄せ地獄か。いや、寄せているのは土でなく草。草寄せ地獄(笑)。とりあえず笑っておく。


上手くいかない要因の一つに、生育不良がある。草が多くても生育さえよければ強めの土寄せでごまかせるもの。生育は連作が長いところほど悪い。連作14年目、12年目、10年目はこの順で顕著。こんなことは今までで初めて。ついに来たか。さあ、これからをどう考えるか。ちなみに14年目と12年目圃場の昨年は、驚きの初期生育。まあ収量は反120㎏と大したことはなかったけど。


中期、長期、来年以降、はさておいて、今を少しでもマシにしたい。蒔き直しは家庭の都合で断念だ。となると今さら差になるほどの収量増はないから、秋の収穫を少しでも楽にするという目標に向かって進むことになる。


それにしても、暑い。これだけ暑いと作業機のその都度の調整が面倒(というか気分が悪くなるという物理的不具合)で作業精度が落ちる。そのくせまだ畑面が柔いところはまだ柔いという・・。我が人生はひたすら辛抱の人生なり。

最新記事

すべて表示

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

大豆が難しい

残る大豆の熟れが悪い。それで作業の段取りが難しくなっている。 大豆はつくづく、難しい。それでも圃場条件がそろっていれば、そして前提として農薬・肥料を使い他の作物と輪作をきちんとするなら、そこまでではないということを周囲を見て思う。自然栽培の実践初期の頃は大豆は施肥をしない方が間違いなく有利だと確信した。しかし近頃ではそうでもない。輪作として適当な相棒がいない場合は・・・ここからはいろいろ思うことが

bottom of page