top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

遅れを取り戻すには

暑い。4月というのに何なのだ。夜温も高いし、雨が多いし(最近は少ないが)、少なくともここ20年でこんな年はなかった。これから夏までどんな天気になるのか・・。


ここ最近ずっと更新していなかった。ドタバタしながらひたすら作業を進めている。苗代は予定通り一昨日までで完成させた。



昨日からのメインは転作田の耕うん。急ぐこととしては田んぼの不陸直し、ゴボウの雑草管理、圃場周りの草刈りなど。そうだ、冬の間にほとんどできていない乾燥調製施設の掃除があった。


ということで、今年の連休はずっとやらざるを得ない。昨年の10月騒動のしわ寄せなのだ。遅れを取り戻すことの大変さというのは、観念的な人にはピンとこないだろうが、具体的に計算するとよくわかる。私の試算では昨秋に確か6日間の遅れが出た。この6日間、つまりおよそ50時間を取り戻すとすると、毎日1時間多く働いても50日、2時間多く働いても25日かかるということ。現実に歳も取ったし、毎日1~2時間多くやるというのは無理。それでやむなく休日を減らすという手段に出るしかないわけだ。しかし連ちゃんにも当然限界がある。


あとは作業を端折るしかない。しかし端折れる作業は限られているし、何とか端折っても、あとが面倒になる可能性が大。


人に頼むのもナンセンス。頼めるような簡単な作業がないし、頼める作業はすでに頼んでいる。


八方ふさがりの中、一つ解決の可能性がある。それは天気。都合のよい時に晴れて、都合の良い時に雨が降れば、必然とロスが減って、おのずと遅れは取り戻される。つまり神頼み、これしかない。

最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page