• 反田孝之

過去最悪級の大豆収量


大豆の一次調整が終わった。予想よりさらに悪く、一昨年のわずか3割、さらにひどい洪水に遭った3年前と昨年と比べても3割5分しかない。作付けをそこそこ広げてからは2011年に次ぐ少なさだ。この時は大半が莢の中で腐っていたというもので原因はまったく別。このたびは水に強い大豆でもこういうことが起こるのかと、とんでもない勉強をしたことになる。

今日選別をしたのは田津の大豆。驚くのはくずの多さ。



普通は1割台に収まるところ、3分の1がくず。ちょっとした変形があまりにも多い。もっともこれはこれから再選別をかけて規格品と同等に取ってもらえるので無駄にはならない。

大豆は、冷静に見ればすでにゴボウ以上の経営の大きな柱となっている。今後はよもやこういうことにならないような対策をしていかねばならない。案はいくつか浮かぶが、それらがなかなか簡単ではない。


最新記事

すべて表示

夫婦での大石の撤去作業を1日2時間弱ずつ、今日で3日目。今回はサブソイラが全体としてなぜか深く入ったので石が思ったより多いし、掘り出すのに骨が折れる。でも弾丸暗渠がよく効くはず。撤去作業は明日終わる。 またこの石たちのおかげで、ボルトが折れまくってスタブルカルチでの耕うんが遅々として進まない。予備で持っていた12本をすべて使い切ってしまった。あと2.5ha残っているというのに、次に折れたら新たなボ

今日は朝2番から大豆の販売についての思案をしている。近年大豆が欲しいという人が増えていて、もともと知り合いにお分けする趣旨で始めた直接販売だから、細部が詰まっていなくて、いくらか整合性が取れないことが出てきている。販売では極力平等性を重んじたい。考えることは価格のことがメイン。 そして前提として、今年の不作。大豆にも「販売の信義」ということがあるから、単に得な方へは走るわけには当然行かなくて、お付