top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

酷暑の中の最近の作業

暑い・・。


こんな時は、朝一と夕方は草刈りや焚火などの体力仕事を、それ以外はキャビン付きのトラクター仕事に尽きる。エアコンがあるからね。


しかし残念ながら、そう調子よくはいかない。トラクターでやれると言ったらロータリー作業くらいのものだが、あまりに畑が乾いてしまって不向きなのだ。それで中山間制度内の遊休地の耕うんなら少々どうなってもいいや、と思ってやったら、土が反転せず草が死なない。挙句、エンジンの水温が許容範囲内とは言えギリギリで高止まり。あまり気分がいいものではない。いつになるやら分からないが、せめて一雨を待つことにした。


仕方がないから今日などはキャビンのないトラクターで緑肥の粉砕をしたところ、気分が悪くなってきて2時間で中断。トラクターに座っているだけなのに。まあ体調があんまり良くないせいもある。


ちなみに緑肥は今年はソルゴーとエビスグサ。ソルゴーは少し前に終わっている。エビスグサは広い畑の中に花を1つでも確認したら粉砕することにしていて、それが今日だった。


そろそろ16時。まだ暑いけど、行こかいね。夕方は春蒔きゴボウの畑の整理。生き残って育っているものが、わずかだがある。今日から小出しに数日かけてめちゃくちゃになっている畑を何とか形にするつもり。気分的に辛い作業ではあるが、やらねばならない。

最新記事

すべて表示

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

明日から雨

明日午後からの1日半で150mm予報が出ている。それだけ降ったら、畑も転作田も次はいつ入れるかわからなくなる。ついにギロチンが落ちる。 しかし今回はやるだけのことはやった。大豆は残るは土寄せだけで、もう失敗することはないだろう。そして洪水にも遭わない。今田地区は堤防ですべて囲まれたから。 田んぼの除草も今のところは順調。こちらは雨でも進めていける。 気がかりはただただゴボウ。明日2回目が掘れるとし

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page