• 反田孝之

長靴は「HUNTER」

どの業界でも分野でも、ユニフォームとまで行かなくても、なんとなく普及している服装というものがある。しかし農業については意外とそうではなくて、様々な服装があるようだ。私などはタイツを履くのでよく「マラソンをされるのですか?」と聞かれる。言われてみるとそういう格好をしている場合が多い。


長靴についても同様だ。農業者は実に様々な長靴を履いている。一時期の私は、相手の履いている長靴を見るのが癖になっていた。長靴の耐久性に困っていたからだ。ホームセンターの安いものは1年で4回くらい買い替える。耐油の丈夫な奴なら1年くらい持つが、丈が短く使い勝手が悪い。ネットで取り寄せたりもした。でもこれというものに出会わず、これまでに何足はきつぶしたか分からない。


そんなときにネットである記事に出会った。農業者が高価なブランドの長靴を薦めている記事。2万円の長靴を5年かそこら履き続けていると。しかも快適で作業がしやすいらしい。これが本当なら明らかに得。


しかし長靴に2万円を使うという感覚が貧乏性の私にはなかった。理屈は分かるんだけど・・と踏み切れない。人それぞれで使う頻度や負担度は違うので、私の場合はそんなには持たない可能性だってあるし。


悩んでいた折も折、洪水になった。不思議なもので、ちまちま悩んでいるのが虚しくなって、洪水の2日後に「HUNTER」の長靴を注文した。



そして今。あまりにも快適。まず、蒸れない。どんなに暑い時でも蒸れない。履いているのを忘れてそのまま履き替えずにデスクワークをしてしまうほどだ。そしてかかとからの高さが44cmもあるので、畑を歩いても蹴り上がりの土が中に入らない。ふくらはぎが細いのでレディースを買ったのも当たりで、タイツ時の見映えも良い。唯一の欠点が、レディースのせいで靴底の凹凸が少なくちょっと滑りやすいということ。でも気になったシーンはこれまでに1度だけだ。


今3か月目。さあいつまで持つか。それが問題。最低2年持ってくれたらそれでいいんだけどね。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ