top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

除草機、湿田で相変わらず苦戦

またしても本降り。大豆の播種がまた遠のく。直前耕うんをした場所も、再度やり直しをする羽目になっている。明日から晴れ続きの予報。ここでどこまで進められるかが勝負だ。


というわけで田んぼをかまうなら今日、明日、明後日の3日間に限られる。ここで少しでも除草機に乗っておきたい。もっとも明日、明後日は土日。フルで動くのは無理だろう。


その除草。乾田の方は何とか形になったが、湿田の方が相変わらずダメ。除草機が稲を埋め込んでしまうという例年のパターン。原因は複合的だ。苗(自然栽培苗)の弱さ、耕盤の不安定さ、ガスわきによる活着不良、雑草残渣が多い、というところが大きい。初めの2つはこれから徐々にやっていくとして、来期は後の2つをたちまち改善するつもり。


午後から除草機に乗る。午前中は少しでも除草の精度を高めるため、高さ調節レバーに延長棒を取り付ける細工をした。こうすることで身を乗り出さなくても手元でその都度調節レバーをいじることができる。湿田の方はワイヤー云々じゃなく追随が悪いのだ。腕でカバーするしかない。まだ来ないけど除草機の補助輪も発注した。(田植え機と互換性がないんだって・呆)。暗排の位置を意識するのが憂鬱で仕方ないから。


こうやって少しでも憂鬱さ、億劫さを感じる部分を排除する。作業前からこういう感情を抱いていては勝負ありだし、わずかな改善で結果が大きく変わることをこれまで何度も体験してきた。

最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

また発熱しない風邪

一昨日まで体調を崩し、昨日から始動。おかげで体の芯から疲れが抜けた。今年は年末に体を壊さなかったし、このまま何となくゆるくやって逃げ切ろうと思ってたんだが、そういうレベルではなかったみたい。来年からの参考にする。 ちなみに発熱はなし。それでそれなりに心配した。発熱すればまずは安心、しなければちょっと不安、ってのが常識になればいいと願う。これだけで世の中の大概の問題は解決する。 でもこのたびは発熱し

5年ぶりゴボウ作付け圃場

草取りマラソン2巡目で苦戦している。外側列を1往復するのに6時間。もっとも内側列の株近くまで削っているから内側列往復は2時間でできそうとしても、合計8時間かかることになる。できればこれを半分の4時間でやりたいのだ。 今やっている圃場は5年ぶりの作付けになる。ここはうちの圃場の中でもかなり良くゴボウが育つので通常なら2~3年に1回作付けするランクなのだが、①土が固くてゴボウ収穫機が機能しないので土を

bottom of page