top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

難儀な溝繋ぎ

そろそろ降雨量も落ち着く頃かと期待してたのに、全然ダメじゃん、明日は100mm越えの予報。ぼちぼちやろうと思っていた転作田の排水溝のつなぎを急きょ。

(溝の両側の枯草はマコモ。地下茎のせいで体力を消耗。)


溝自体はトラクター装着型の作溝機を使って掘るし、リターン機能があるのでコーナーも掘れる。だが掘った時に圃場が柔いとリターンで掘れず、あとでスコップで掘るはめになる。あとスタートがどうしても浅くなるので、すべてのコーナーをいくらか掘り下げる必要がでてくる。


でこれが条件次第で辛いのなんの。石がごろごろ埋まっていたりすると途中で途方に暮れてしまう。昔取った杵柄で何とか形にはしたものの、たった1時間半で体を損なうレベルでへとへとになってしまった。


このたびの圃場は圃場整備以降で初めて溝を掘るので、なおさら辛い。2度目以降は当然掘りやすくなる。


それにしても圃場が乾かん。こんなところで果たして大豆ができるのか。行けると踏んだこのたびの試みだが、だんだん不安になってきた。

最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page