top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

電話にするか、メールにするか

農業駆け出しの若者などからこれまでに多く聞かれたことに、相手との連絡はどういう手段でするか?ということがある。つまり、電話、メール、FAX、SNSと数ある中でどれを使えばいいかというもの。


結論は簡単。相手が一番楽だろうな、というものを使えばいい。もちろん人によってもだが、要件によっても使い分けることになる。細かい数字が多いことはメールやSNSなど文字で伝えるようにするし、急ぎのこと、書いてニュアンスが伝えにくいことは電話がいい。FAXが助かるという人もまだまだ多い。


と簡単なことではあるが、悩む事情も良くわかる。近頃ネット上では「電話をかける奴は仕事ができない」のような記事が散見される。しかしそんなことを気にしていては仕事が進まない。仕事がらみの連絡なんだから、お互いが仕事が進む手段を取るのが一番いいはず。


といいつつ、私もこれまでには1時間かけてメールを書いて結局送信せずに電話をかけたこともあったし、電話をするかメールをするかで1日悩んだこともあった。そうやって今がある。


あと研修中にも言われたことで実践しているのは、電話には極力出れるような努力をすること。現場では電話が繋がるか繋がらないかで現場の進捗率に差が出ることがしばしばだ。だからかけて大体出る人とほとんど出ない人とでは、かけた方のストレスに大きく差がつく。少なくともまだ駆け出しのうちはとにかく肌身離さず携帯を持っておくのが絶対にいい。私は今でも機械のエンジン音などで気が付かないとき以外は極力出れるように必ず携帯している。


ただし携帯には電磁波対策も必要。私はズボンのポケットに入れて置いたりするとそこの皮膚が痒くなる。だから近年ではウェストバッグを持つ癖をつけて、その中で財布の外側になるようにして入れている。

最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page