• 反田孝之

非常事態宣言を出すべきかも

数字で見れば明らかにコロナは収束しているのに、あちこちの都道府県知事らが暴走し始めている。う~ん、さすがに不思議で仕方がない。優秀な側近らだっているわけだから、まさか本気で警戒しているわけではないだろう。いったいこの国を地域をどうしたいのだろう。やはり選挙対策で高齢者へのパフォーマンスという説が有力なのか・・。


暴走知事らに対し、非常事態宣言を出せないものか。どこぞの著名人らよ、企画してくれないか。


と思ってたら、昨日安倍さんがまあまあ冷静な会見をしたようだ。国がこれでとりあえず安心したわ。


マスコミが変わらない以上、一般市民が目を覚ますことはすでに難しそうだ。先日の息子の小学校で修学旅行をめぐる意見交換会があったんだけど、反対が8割で腰が抜けそうになった。2割くらいと思っていたから。黙っていられず、「バスの事故の方がよっぽど確率が高い、なぜこちらを心配しないのか」と呼びかけた。嫌われたかな。


これを読んでる人で、すでに収束しているという意味が分からない人は、ぜひ従来からあった他の感染症(インフルエンザとかナントカ肺炎とか)と比べて死亡者数や重症者数を調べてみて。ネットで簡単にデータ拾えるから。


それが面倒な人は、いろんな人のがある中で、やっぱり永江さんのブログが秀逸。おもしろおかしく数値で事実を解説してある。最近のはこれ → ★ 過去のも読んで。あ、陰謀論とかの怪しいブログじゃないからね。あくまで客観的データで書いてある。


さっきこの蒸し暑さの中を、マスクをして遊んでいる小学生4人組を見かけた。親がうるさく言ってんだろうけど、100歩譲ってこれはない。マスクの意味も何も分かっていない。誰かこういう子らを早く救ってやってくれ。


先日行った三段峡の猿飛渡船での1枚。ケンカばかりしているくせに。


最新記事

すべて表示

面倒くさい人

私は滅多なことでは病院へ行かない。それはその都度「総合的に考えて行かない方が良い」という判断をするからだ。 しかし少しでも何か変わったことがあると病院へ行くべきと思い込んでいる人の多くは、このことをすぐ大袈裟に解釈しようとする。つまり私が病院へ行かない「主義」なのだとか、自分たちとは違うのだとか。 そして私が車にひかれても病院へ行かないのかとか、脳梗塞になっても病院へ行かないのかとか、おかしなこと

反発心ではなく反骨心

何かを上達したいと思うなら、大事なのは「謙虚さ」に並んで「反骨心」だろうと思う。そしてこれらをともに持ち合わせるのは矛盾じゃないかという人は要注意。 それは「反骨心」と「反発心」を混同しているからだ。そりゃ謙虚さと反発心は共存せんわな。 反発心は微塵もいらんよ。反発心を捨て、謙虚に。そして反骨心を磨こう。だいたいこれで上手くいくようになる。