• 反田孝之

高齢者と公務員

もう2年近くに及ぶコロナ騒ぎで、不幸になっている人がたくさんいるのだという。田舎に暮らしているとどうもピンと来ない。しかしこの経済状況だから想像はつくし、ネットで事例も見聞きできる。近頃はそういう人たちのことばかり思ってならない。


みんないつまで騒ぎ続けるつもりなのか。解熱剤を飲んですら重症化しなくなったんだから、今度こそみんな目が覚めるだろうと思っていたのに。むしろ今まで以上に騒ぎ始めている。2類のうちは仕方がないのだろうか。まあ端的に言って一番悪いのは岸田なんだろう。史上最悪の総理大臣だ。愚衆政治は歴代内閣が「それをやっちゃあお終めえよ」で「それなりに」封印してきたんだよ。そしたら岸田になって全開。菅さんはよくやってたよ。懐かしい。


高齢者と公務員。どんなに社会を混乱しようと全く痛みのない人たちだ。政治は大票田の高齢者に媚び、行政は痛みに鈍い公務員が行う。何の意味があるのかわからないマスクやワクチンを勧めるのも行政。そして巷で不幸に突き落とされている人はリテラシーの欠如と相関があるだろうから、そういう人らが率先してマスクをしてワクチンを打ち、皮肉にもこの騒ぎを担ってしまっている。


バブル崩壊の時は、崩壊後5年目くらいから行方不明者を合わせて自殺者が30万人くらい出た。今回はそれを上回ると予想する人もいる。こんな意味の分からない騒ぎのせいで、騒ぎが続けば得をするマスコミの欲のせいで、これから数年で膨大な人が死に追いやられることを思うと悲しくてならない。そんなこと知らんわ、と言えるのが高齢者と公務員。


私にできることは何か。せめてマスクをしないこと。しないだけでなく、最近では少しだけかき回すようにしている。本当はこんな愚痴を書いても私は損をするだけで得はない。でも書かずにはいられなかった。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ