top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

5年ぶりゴボウ作付け圃場

草取りマラソン2巡目で苦戦している。外側列を1往復するのに6時間。もっとも内側列の株近くまで削っているから内側列往復は2時間でできそうとしても、合計8時間かかることになる。できればこれを半分の4時間でやりたいのだ。


今やっている圃場は5年ぶりの作付けになる。ここはうちの圃場の中でもかなり良くゴボウが育つので通常なら2~3年に1回作付けするランクなのだが、①土が固くてゴボウ収穫機が機能しないので土をやわらかくしたいためと、②田津地区の農地では珍しくスズメノカタビラが繁茂するので減らしたいのと、③田津地区農地の規模縮小に伴う輪作ローテーションの変更のためとで、5年ぶりになったものだ。


①については大変な面倒をかけて、緑肥前に出来る限りプラソイラをかけてきた。少しでも根が入りやすいようにと。収穫期の結果や如何に。


そして②。この間、スズメノカタビラが種を付けないように管理をしてきたつもりだが、やっぱり生えるんだな。しかもシコタマ。草の種ってのは生存期間が長いからあんまり期待はしてなかったんだけど、少しくらいは減ろやって。今調べたら「約4年生きる」っていう報告があった。微妙なところだったね。ちなみにこいつは転作田で繁茂するように、湿り気の多い畑に多い。だから田津地区では珍しい。


肝心のゴボウはというと、年数を空けただけのことはあって、状態はかなり良い。味もきっと良い。いつもに増して、きっと良い。自然栽培のおかげで少なくとも隔年栽培が可能になってはいるんだけど、間隔を開けた方が味も確実に良くなるのだ。だから経営的に、いろいろ悩ましくている。


(3月1日)


最新記事

すべて表示

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

・・・

暑い暑い暑い暑い暑い~。いくら暑くても、この梅雨の晴れ間は儲けろという天の声。ここでやらぬ手はない。体はぼろぼろだが、意気は高揚。侍ジャパンのチャンステーマが鳴り響く。時々なぜかスタンドアローン。 いい年にする。そして夏は子供らと山へ行く。

Comentarios


bottom of page