top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

11月繁忙の進捗状況

更新の暇なし。今は珍しく居間で寝転んでスマホで書いている。子供らがドラえもんのDVDを見ていて平和なひと時が生まれたのだ。


遅れに遅れている作業の進捗状況を記録しておきたい。


大豆は9haのうち、ちようど半分の収穫と調整が終わっている。まあこんなものか。


問題はゴボウ。まだまったく作付けができていない。先ほど日没と競うように鎮圧耕うんを終えたところ。合わせて午前中にビニールの畳み直しを終え、ようやく種まき&トンネル設置が可能になった。明日から天気が悪いので、来週からは始めたい。目標である11月中の終了は現実的に無理。12月の穏天を祈るのみ。


もう一つ焦りがあって、緑肥。最悪でも今月中の播種が必要だが、どうも無理。このたびここまで本線の遅れを取り戻せずにいるのは、次作以降の投資となる管理も妥協することなく進めてきたせいでもあるが、ここに来てさすがにきつい。暖冬を祈るしかない。





最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

Comments


bottom of page