• 反田孝之

11月繁忙はまだまだ序の口

大豆の収穫を難儀をしながらやっているうちに、昨日の段階でいつの間にか3.5ha、全体の1/3が終了した。まあお米と一緒で、収穫というのは大した作業ではなく、問題は調整~袋詰め作業。これはまだ進捗ゼロ。


というか、皮切りに20袋あまりをやったのだ。しかし水分が高いという驚愕の(不思議な)事実が発覚したため、また乾燥からやり直しを強いられることになった。仮置きのキャパがすでにいっぱいなので、はやくやらないと次が刈れない。


でも莢が弾けやすい「サチユタカ」は終わって、残っているのはすべて「タマホマレ」だから、次の収穫までにはしばらく猶予がある。だから調整~袋詰めを、と言いたいところをぐっとこらえて、今日はひたすらこれ。時速500mで進行中の運転席からの眺め。


ゴボウだ。来年のゴボウのほとんどを今月で作付けするのだ。これはトレンチャー掛け。例年なら10月中に終わらせている作業。まだ始まったばかりで作付け完了まで残り95%くらい。大丈夫か・・。


この殺人的11月繁忙期で私の気持ちの大変さの割合は、ゴボウ5、大豆4、緑肥1というところか。おお、緑肥があった。これとてタイミングがあって本来は今月上旬に蒔きたいもの。でも無理。余裕のない中で目先の金を思えば、ゴボウと大豆を置いて緑肥をやる気は起きない。


呑気にこんなものを書いているのも、補助金申請絡みで事務所へ戻ってきたついでに昼飯休憩にしたから。私が社長業やっていること知ってる人って意外と少ないんだよね。不思議だね。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ