• 反田孝之

11月繁忙期、再開

天気の回復とともに忙しくなっている。ようやく昨日一発目のゴボウトンネル4棟を建てた。


これは播種前の整地兼除草中の状態。嬉しいことに落ち込みは一カ所も起きていなかった。しかしながら雨のせいで畝の波うちがやたら目立つ。右が整地後、左は整地前。この波うちは播種で少し厄介。


ゴボウは明日と明後日で12棟まで終わらせるつもり。


緑肥播種も一昨日から始めている。今日は午後からその続きをする。出来れば終わらせたいが、厳しいか。


大豆は今のところ今週末に3発目を刈るつもり。


そして来週の雨を迎える。そう都合よくいくかどうか。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労