• 反田孝之

11月繁忙期の終了と草取りマラソン


この冬初めての寒波到来。終日雨雪交じりの1~2℃。おかげで11月繁忙期は強制終了になった。もちろんまだやるべきことはテンコ盛り。でもスプラウトさんの大豆収穫が飛び飛びのため、追われることがないのだ。常識の範囲内といえるペースで仕事ができる。


そういえば一昨日は夕方の1時間半しか作業をしなかった。1日に4.5時間以上仕事をしなかったのは実に11月3日以来。しかも常に追いまくられ続けていたから、振り返って、まあよくやったなと。そしておかげで体が相当休まった。だからこの1日を休んだせいで失ったものには目をつぶる。


振り返って大苦戦の11月繁忙期になってしまった。だが例年と違って焦りがないことが一つある。ゴボウの草取りマラソンだ。いつもなら女房が先行し、早く合流しなければという焦りで一杯なのに、今年は山藤君も進めてくれている。


12月1日から始めて、現在のところ1回目進捗率は27%。目標はいつも旧暦の年替わりに1回目のマラソンを終えること。だがそれが今年は2月11日で、ちょっと遅い。私も1月からは本格参戦できるだろうから、1月中には1回目が終わるだろう。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ