• 反田孝之

11月繁忙期中盤の振り返り

ようやく書く暇ができた。ここ数日は秋蒔きゴボウの作付けを怒涛の勢いで進めていた。昨日までの7日間で5日かけてトンネル20棟を完成。たぶん今までの新記録。


(58圃場 12棟)


(91圃場 8棟)


残り10棟、丸3日あれば終わる。何とか今月中に終わらせるというミッションを達成したい。


しかしそうもいかない事情も。残る圃場は砂気が強いため、最近の天気の良さのせいで乾きがひどくて播種が無理そうだ。なんせ4月までは雨に当たらないのだから、ある程度の湿り気があらかじめ必要なのだ。12月に入ってもいいから、まとまった雨が降った後に進めようと考えている。天気の良さはこの繁忙期のしのぎには必須とはいえ、ここまでいいと逆に困る。


隙間を使って緑肥播種も終わった。今年は例年の3分の1くらいで、わずか1.2ha。これも田津の農地利用の縮小を検討している影響。楽できたのは良かったけど、確実に寂しいネタだ。


こんな調子だったから、大豆の方はこの一週間でまったく進展なし。残りはすでに収穫可能だし一部で弾け始めているので、明日以降はこっちをメインにシフトする。


体調も何とかだし、膝も何とかだし、総じて順調。梅雨対策の機械も入ってきたことだし、来年は必ず儲ける。災害は来年はない。