top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

11月繁忙期序盤の振り返り

相変わらず気味が悪いくらいに晴れ続きの週間天気予報だ。2年前から殺人的化した11月繁忙期は、一番忙しいというだけでなくうちの経営を左右する時期なのだが、その成功の大前提として天候の良さというのがある。天候が良くないと作業可能時間が確保できなくなって、今年か来年の売り上げのどちらか、または両方を減らすことになってしまう。それで気持ちが落ち着かず何かに追われるように作業を進めることになる。


しかし2年前も昨年も11月が奇跡的に天気に恵まれた。今年も今のところそんな感じ。しかし油断はできない。11月というのは悪い年は悪いのだ。いつかその時がやってくる前に、何とか今の状況を打開しなくてはならないというのがうち最大の経営課題である。


それはそれとして、今年の11月序盤戦の振り返り。


ゴボウはこの工程の中で、6.まで進んでいる。予定では今週中に計画30棟のうち8棟分を12.まで進めるつもりだ。


大豆は9haのうち3.5haの収穫が終了。しかし調整~選別がまだまだ入り口。これを晴れた日中にやる手はないので、夜なべで進めていくしかなさそう。



昨日の作業、トレンチャー掛けの風景。秋は物悲しいね。手前の遊休地が余計に。以前の自分なら軽い鬱にでもなっていたところだが、今は感傷に浸る暇がない。

最新記事

すべて表示

草取りマラソンに参戦

明日の大豆検査に合わせて検査場への搬入をしたところ、2人の検査員のインフルがともにまだ治りそうになく、検査は年明けに延期とのこと。こういうこともあるんだね。 ということで年末の段取りがごっそり変わる。気温も上がりそうなので、本線を色選掛けに戻して、そしていよいよ今期の草取りマラソンへ参戦だ。 実は昨日から始めてる。女房や山藤君、研修生はすでに始めていて、現在進捗率が、正確には分からんけど19%くら

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

bottom of page