top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

2020年、夏。

昨日で長男の夏休みが終わった。周囲に友達がいない環境にあっては、子供の夏休み​の終了は同時に親の節目だ。今日から仕事モードを気分的に一段上げている。


ということでこの夏の振り返り。今年はちょっと頑張った。




親父も一緒に「三段峡」ハイク


岡山県最高峰「後山」

兵庫県最高峰「氷ノ山」


鳥取県最高峰「大山」


江の川下り


日ごろが体を使う仕事のくせにこんな休日だから、さすがに体はボロボロ、かも。でも子供らが喜ぶ以上は相手してやりたいんよな。俺も楽しいし。下の子らもこれから大きくなる。今後もできればこのくらいのペースで自然の中に分け入っていきたい。


ふと思うことが多くなった。今時は灼熱地獄の毎日だし、総じて日々はロクでもない人生だけど、同時になんともありがたい人生だ。我が人生に悔いなし。このまま死んでもいいな、と(笑)。そんな瞬間が多すぎる。


午後からも倒れながらやろう。稲の熟れが早いので、作業がかなり詰んできている。

最新記事

すべて表示

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page