top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

2020年、夏。

昨日で長男の夏休みが終わった。周囲に友達がいない環境にあっては、子供の夏休み​の終了は同時に親の節目だ。今日から仕事モードを気分的に一段上げている。


ということでこの夏の振り返り。今年はちょっと頑張った。




親父も一緒に「三段峡」ハイク


岡山県最高峰「後山」

兵庫県最高峰「氷ノ山」


鳥取県最高峰「大山」


江の川下り


日ごろが体を使う仕事のくせにこんな休日だから、さすがに体はボロボロ、かも。でも子供らが喜ぶ以上は相手してやりたいんよな。俺も楽しいし。下の子らもこれから大きくなる。今後もできればこのくらいのペースで自然の中に分け入っていきたい。


ふと思うことが多くなった。今時は灼熱地獄の毎日だし、総じて日々はロクでもない人生だけど、同時になんともありがたい人生だ。我が人生に悔いなし。このまま死んでもいいな、と(笑)。そんな瞬間が多すぎる。


午後からも倒れながらやろう。稲の熟れが早いので、作業がかなり詰んできている。

最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

わからないことだらけの人生

農業、とりわけ我々の様な少数派の自然農業のおもしろいところは、作物の育て方がほとんど確定していないというところだ。土をどんな感じで耕したらいいのかとか、何センチ間隔で種を蒔くとか、草をどうやって抑えるかとか、ようするに何から何まで決まった管理の仕方がない。きっとこうだろうな、と逐一自分で考えてやっている。 おもしろいところ、と書いたが、これを逆に嫌なところと感じる人も多いらしい、というかこちらの方

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page