• 反田孝之

87の収量が見事にⅤ字回復!自然栽培冥利に尽きる!

今日で秋まきゴボウの収穫がほぼ終了。早さでは当然新記録。洪水の脅威は消えて安堵。


洪水が来る前に掘り上げられる規模をと、一気に例年の6割に減らして臨んだ今期だったが、蓋を開けると過去最高レベルの歩留まりと収量で、例年とほとんど変わらない総量となった。


何と言っても嬉しかったのは「87」圃場の収量が完全Ⅴ字復活を果たしたこと。


ここは2007年以来、ゴボウ栽培を隔年で、かつ2011年以降は自然栽培で一切の養分供給を絶ってきた圃場だ。初年の2007年が最高で、2013年くらいまではまずまずだったが、2015年が上手く育たず極端に細くなってしまった。すわ、自然栽培の洗礼かと焦る。しかし自然栽培を続けると決めた圃場だし、V字回復を願ってジッと続けてきた。そして2017年、2019年と少しずつ良くなりつつも、まだ細い。しかし今回、初めて間を2年あけ、ついに完全復活、というか、条1mあたり2.6㎏というこの圃場では過去最高の収量に。ちなみに普通に育てば2.2㎏から2.7㎏がうちの相場だ。今回も相変わらず初期生育が異常に遅く、今回もまだ細いのか・・と途中では半ば諦めたのに、まさかの結末。


大規模洪水のときに山土が流入する圃場と違い、ここはまったくそれがない。どころか表土が削られる箇所が一部にあって、さすがにその部分はゴボウが細かったものの、トータルでこの数字。自然栽培をやっていて、他に嬉しいことがあったとしても、やっぱりこういう自然の神秘を実感できる瞬間が一番嬉しいね。冥利に尽きる。隔年を中2年にしたからじゃないか、というのであればそれでもいい。それで十分。


一方で大規模洪水(2018、2020年)時に、流水により山土がどっさり堆積した「56」圃場。いつも美味いんだけど、このたびはさらに美味い気がする。人類の歴史とは主に氾濫原で育った作物を食べ続けてきたそれだ。これを美味いと感じるのは当たり前なんだろうけどね。


しかし原理主義者には愚痴を言われ兼ねない。そして反田は分かってないなと。そんなことなら私は一生分からなくていいよ。日本は今は平和でいいね。でも岸田だけはやめさせないと大変なことになる。


ちなみに87圃場のはまだ食っていない。どうなんだろう。

最新記事

すべて表示

ごぼうの出荷を本格的に始めてから実質16年目になる。この間、新規就農者の身では当然のことながら出荷先にゴボウの品質の点でご迷惑をかけてきた。 一番多いのが、腐れ。店舗に並んで程なく、またひどい時にはゴボウが到着して箱を開けたときすでにゴボウが腐ってしまっているのである。 その都度状況を聞き、写真を送ってもらい、対策をとってきた。そして状況や原因には何パターンかあることが分かってきた。今年は少し多く