top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

欲が出て今田の耕うんを

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。


その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか、回転数とか。


新規圃場2haも含む。今のところ、明日いっぱいでは全部は無理。残ったところは妥協する。


う~ん、休みたい。日曜だし子供らが焼き芋したいというから現場を15時で切り上げようとは思うが、これも上記を思うと厳しい判断。でも夜中(の辛さ)がひどいからそうした方がいいんだろう。


弁当なかった。食わずに昼休憩終わり。さあ、行って、やる。

最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page