top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

雨が多い

今年は田畑が乾かないなあとボヤくだけでは収まらず、すこし焦ってきている。降水量や降水日が例年より多いのだ。実際に調べるとそうなっているが、調べるまでもなく今年は感覚でも明らかだ。


おかげで10月騒動のため溜まりに溜まった作業に、まったく手が付けられずにいる。という状態であっても、昨年に引き続き「大豆播種」→「田植え」の順で決定したから、稲の準備が半月遅くなっていて、そのおかげで何とか今はまだ、一見していくらかのゆとりがある。しかしこれは見せかけのゆとりで、繁忙期間の作業量は当然変わらないのだから、これに騙されずに妥協なく進めていく必要がある。


気の毒なのは研修生だ。前作者から農地を引き継ぎ、苗代も含めて一刻も早く形を作らねばならないのに、それがめちゃくちゃな状態だから田んぼがよっぽど乾かない。水を抜く工夫の仕方と乾くのを待つようしっかり釘を刺したつもりでいたが、我慢できずに水が溜まった田んぼを練りながら耕うんしてしまった。この条件ではこの田んぼはガスわきがひどくなり、普通にやれば悲惨な結果になることが目に見えている。待つことの大切さを改めて伝えたところ。


今のところ来週あたりからようやく晴れが続きそう。うちで今一番急いでいるのは、大豆後の稲作予定圃の耕うん~代かき。本当はすでに終わっていてもいいくらいである。


しかしこれをやると道路を挟んで反対側の転作田が、道路下からの漏水によって広範囲で乾かなくなってしまう。それでまずはこの転作田の額縁明渠からやらねばならない。だが、この圃場がまた乾きにくいときている。ここが乾くためには何日も晴れが続かなければならない。待つだけ待って時間切れと思えば、どこかを妥協して捨てるしかない。


排水対策というのは、圃場を乾かすためにするものだ。しかし圃場が乾いていないと排水対策自体ができないというジレンマ。サブソイラも同じ。圃場を乾かすためにサブソイラを入れるなら、その効果を高めるためには圃場が乾いている時に入れなければならない。この辺りの加減が、自然栽培では数少ない腕の見せ所なのだ。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page