• 反田孝之

・・・

暑い。田植え中に時間の区切りを間違えて、昼オーバーが過ぎてひどい目に遭った。プチ熱射病みたいなんだけど、老眼がひどくなったような症状がびっくり。もしかしてワクチンのせいか!


冗談だよ、俺打たんもん。1000万円もらえるなら考えてもいい。500万円とかなら絶対打たん。


こんな状態でも、そろそろ出る。代掻きの水位のタイミングがある。


当地では今市長選と市議会議員選の選挙運動が真っ盛り。賑やかでいい。田舎だから静かな上に、田畑にいるとなおさら。田植え機の上に立ち上がって遠方の候補者に両手を振るってのは、純粋に気持ちがいいもんだ。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか

昨日今日と小学校通い。昨日は市長列席でマスコミいる中で2~3分のスピーチ。今日は小5の体験授業。終わって結構ぐったり。しかしながら走り抜けた!という充実感もある。裏でのこそこそ話はいつかしたい。 「反田は11月は天皇陛下が来ても会えないと言っていたくせに、いろいろやっているじゃないか」という声はこれまでにも時々あった。そんな暇があるならこっちの用事にも付き合え、というニュアンスで。いやいや、「本来