• 反田孝之

・・・

田植えも残り2割を切る終盤。それとともに超絶繁忙期に突入してきた。これから6月中旬くらいまでは人間を諦めるつもりで行く、という毎年の恒例。


と、しかし、今年は有意義な用事を入れている。こういうのは気持ちが乱れて困る。

最新記事

すべて表示

朝から空行きが怪しい。6時にみなさんへのゴボウ収穫中止の電話連絡からスタート。 機械を回送しようと動いていたら、事務所兼出荷場の水が出ん、コピー機が動かん、と女房から連絡。水は昨年すったもんだしたから嫌な予感も。しかしこちらはブレーカーが落ちただけで無事に復旧。 問題はコピー機(兼FAX、プリンター、伝票発行)。業者さんが言うには昨日の雷が原因かと。代替機を持ってきてくれて当座は凌いだものの、入院

超絶繁忙期。第4コーナーを回ったか。もう一息。俺が倒れるか、ゴールテープを切るか。 参院選。四の五の言わず、既存政党への投票はやめよう。与党だろうと、野党だろうと。れいわも同じく。彼らには反省してもらわねばならない。白票など奴らには効きはしない。どこでもいい、新党に入れるべし。これが遺言だ。