• 反田孝之

淡々と

午前中いっぱいかけて、機械を絶対に浸からないところまで移動。午後からは意外と天気が良い。ほぼ降らなかった。


天気予報は相変わらずの絶望を示している。明後日ころには悪夢がほぼ間違いなく待っているという中では、いったい何をやったらいいかと途方に暮れる。こんな時は打算的に絶対に無駄にならない作業をするのが良い。それで午後一でお客さん対応をした後は、稲刈りに向けて、散らかりに散らかった作業場の片づけを淡々と進めた。


さあ、帰って、酒を飲もう。そして子供らと遊ぼう。そういや酒を切らしていた。買いに行かねば。