• 反田孝之

炎上

田畑も設備もあちこちが炎上。少し糸が切れた。


大豆は何とか播種前耕うんに入ったところ。しかしこのタイミングでなんと積載車がいかれた。急いで車屋さんに見てもらったら、修理するまでの間は応急処置をその都度やりながらボチボチしか使えないとのこと。まあ最悪の可能性もあったらしいので、修理可能で良かった。


そして播種前耕うんの主役のトラクターは、後輪のエアー抜けのため、こちらもその都度コンプレッサーで空気を入れながらの作業で、実にはかどらん。やってくれるよ。仕返ししようかなー。


しかしながら、だからというわけではないけれど、播種前耕うんはしばらく中断することにした。田んぼの草がさすがにマズくなったから。今日明日はこちらにそれなりに時間を割くつもり。田植え後2週間で明らかに手遅れ状態。


来週あたりから天気が分からんね。それまでにせめて田津の大豆を蒔くという目標はすっかり諦めた。う~ん、こんなはずじゃなかったんだけどな。機械のトラブルはどうにもしがたいね。もうなるようになれや。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか