top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

WBCのメキシコ戦で興奮したあと

いやーすごかった、WBC。不振だった村上の劇的さよなら二塁打。過去大会の同じく不振だったイチローの逆転打にあこがれて、って言うんだから、あまりにも作られた物語のようだ。ちょうど部活帰りで事務所へ戻ってきた長男とPCで観戦していた。ここで打ったら出来過ぎの物語だなあって。そしたらホントに打ったっていう。そして大谷、吉田、村上の3人で決めるってのもね。


家族がそろって大騒ぎだった事務所が私1人になり、静かな空間に戻った。雨の今日は朝から粛々とデスクワークの日。来客もある。


今年の目標は「前のめりの作業」だ。タイミングごと以外は、早すぎることはない、というくらいに早めにやっておく。そう思ってこの春も進めている。しかしパッと見は一向に先行しているように見えない。これまでだって怠けていたわけではないのだから、そう簡単に状況は変わるまい。


でもちょっとしたこと、サブソイラをプラソイラに変えておくとか、播種機をセットしておくとか、まだ実施の1か月2か月前からでも、何かのついでにやっておく。理屈上はかかる時間は同じ。でもやるのは人間。必ず差になって表れてきて、大きな結果を持たらすはず。


大きなパフフォーマンスの陰に小さな努力の積み重ねがあるものだ。大舞台で活躍する野球選手しかり。ロマンチシズムはリアリストだけの特権だ。今年はきっといろいろなことが面白くなる。


最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page