• 反田孝之

くたびれている、かも

「敵はくたびれ」と言い聞かせてやってきた今の農業。これまでに何度か書いてきたもので、岡山の研修先の社長からの教えを勝手にスローガンにした。


当面の目標だった15年周年を無事に済ませ、今年は17年目の取り組みだ。もう大丈夫かという期待は意外と外れて、実は最近くたびれている「気がしている」。私の言う「くたびれ」という概念は、日常で使う「くたびれた~」というのとは明らかに違う。じゃあどんなのかというと、これが説明が難しい。しかもだ、そもそも私はこれまでにこの「くたびれ」に出会ったことがない。だからくたびれとはこういうものかなあ、という勝手に想像しているわけである。だから「気がしている」としか言えない。


しかし社長が言っていた「くたびれ」はこういうことなのかなあ、と漠然と今思うのだ。そのくたびれの原因となっている一つの大きな要素が、未来が見えない、ということ。未来は今までだって見えなかったが、少なくとも作っていける気がしていた。それが今、微妙。


例えばこのたびの洪水にはよっぽど参っていて、田津地区での営農を今後どうすればいいのか、まったく結論が出せずにいる。これまでは4年に1度、中規模程度のものがくるという前提でやってきた。その中で未来を作るのだと。しかし今後はそれではいけないのだろう。ではどうするか。


またこの時期特有の鬱として、11月繁忙期のことがある。2年前から殺人的化したこの繁忙期を、天候に恵まれて何とかかんとかやってきた。そしてそれを解消するのだとそれなりに動いてきたつもりが、どうも今年も無理そうである。そろそろ天候も悪くなりそうだし、そのとき経営はどうなるのか・・。それだって殺人化の解消の道筋が見えるのなら、耐えることは大したことではない。しかしそれがまったく見通せていなどころか、洪水リスクの要因が絡んで余計に難易化している。


つまりは、解決が容易でない問題を長く抱えているということが、くたびれの大きな要素になっているのではないか。


この「くたびれ」問題。見たことはないが、奥が深いものと思われる。くたびれたら息抜きをすればいい、というのは論外。見たことはなくてもこれだけは自信をもって言い切れる。自分自身がくたびれてしまわないようにすることはもちろんだが、客観的にもこれからも観察を続けていく。


昨日は半日割いて再び江の川下り。こんな息抜きはくたびれには無力。でも立派な気晴らしになる。今回は息子も頑張って漕いだ。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ