• 反田孝之

ゴボウの収穫は今日から2枚目の圃場に移動。太め傾向だった1枚目とは明らかに違ってここはちょうどよい。



ここは3年ごとにゴボウを作っていて、砂地が強いので毎回元肥として仕方なく少量の有機肥料を使っている。何も入れないとSサイズや2Sサイズが圧倒的に多くなり、採算が合わない。3年に一度作付けし、空けている2年は緑肥を無施肥で育て、ゴボウ作の時だけ有機肥料をちょろちょろ使うパターン。


形状だけでなく品質も、自然栽培を続ける1枚目圃場より安定感がある。だからやみくもに自然栽培礼さんとはいかない。ここをさらにどうやって自然栽培に近づけていけるか、ということに醍醐味があった、本来は。


でも築堤でどうやら未来はなさそうだ。明日からのこの畑の管理に困るのである。

  • 反田孝之

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。


よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

  • 反田孝之

かなり衝撃だ。


ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた


それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。


しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られている。計画から半世紀たっても着工すらされていないのだから未来永劫できることはないだろうという多くの人たちの諦めは、3年前と昨年の立て続けの洪水によりいい意味で裏切られたのである。


しかし田津地区では築堤という選択肢は取られないだろうと私は考えていた。だが、どうやらそうではないのだと。私がこれしかないと思う「かさ上げ」は国が提案するしゃくし定規の方法論によって消えたとのこと。洪水にあう家は今や数件しかなく年寄りばかりの世帯がほとんどだから、どうにでもなりそうなものなのに消えたのだという。


ということですでに築堤の前提で話が進んでおり、議論の中心は堤防の位置を畑の沖側にするのか内側にするのかになっているのだと。


なんてこった。まだ平面図と横断図を見たわけではないけれど、聞いた話の限りでは、沖に造るならうちは田津から完全撤退。そしてゴボウ栽培は即座に終わる。


内側に造るなら畑は残るが、畑がこれまでより冠水しやすくなることが、対岸の大貫地区に堤防が決定していることを考え合わせるとあまりにも容易に想像できる。堤防ができて数年は続けてみて、やっぱり駄目だと撤退することになる可能性があまりに高い。


続く。