• 反田孝之

連休で更新できず。といっても遊んでいるわけではない。ほぼ毎日作業を進めている。事務所で弁当を食わないので書けないというだけのこと。


モア絡み、稲の育苗絡み、中山間直払い、家庭菜園絡みでロスが多い。おかげで本線の田んぼの管理、大豆の管理がほとんど進んでいない。


今日も光速で進めてはいるが・・大丈夫だろうか。お終い。

暴風というより突風が昨日から吹き荒れて、にわかに慌ただしい。苗代がやられて。


従来のやり方のところは何も問題はない。トンネルにしたところがシートが剝がされてしまった。風が収まらないので直すのは無理。かといって発芽したてなので放っておくと鳥にやられる。それだけならテグスをちょいちょい張っておけばOKだけど、もう一つ問題が。


それはイネアオムシの被害の可能性。2010年に初めて大被害を受け、それ以来裸状態の時は必ず防虫ネットを張るようにしている。それまではネットなど使わずにやっていたわけだし、無肥料を続けている苗床でもあるから、必ずしもやられるとは限らんのだけど、もしものことがあったらね。


このたびは連休に入って子供らが休みだから、女房の手が簡単には得られない。だから早朝5時台に来て1人でやった。シートでなくネットだから風が弱けりゃ1人でも十分。


そして経験上、防虫ネットは風に強い。余裕かましていたら、あれあれ、剥がされたじゃないの。苗代の土が柔らかいからしっかりと決まらないみたい。網にマイカ線とかシャクだからやりたくない。押さえピンの数を増やしておいたけど、さらに突風吹きまくる今頃、どうなってるだろう。


専用の資材が揃ってればなんてことないんだけど、普段使わんから持ってないのよ。


まあ仕方がないわな。粛々と落とし前をつけるべし。

  • 反田孝之

機械、機械、機械・・。今の私の心境。


昨日サブソイラの爪のチビのことを書いたけど、最近は機械の故障やメンテ関係のシーンが多い。​まず皮切りがこれ。


2004年から使っているロータリー。軸から油漏れを始めたので農機屋さんに見てもらったら、シールが劣化しただけでなくそこから土が入ってギヤオイルがチョコレートになっていた。今部品待ち。こいつの仕事量は半端でないよ。いつまで持つかな。


そして次に27PSトラクターが。モア掛けをしようとしたらロアーリンクが下がらなくなった。今のところ原因不明。入院を待っている。


じゃあモア掛けはどうするのだ!と焦ったものの、モアに組み換えキットなるものがあるのを思い出した。これで手持ちの大型のトラクターに付けれるように。キットは12年前に一緒に購入していたもの。その存在すら忘れかけていた。あの混沌とし過ぎた倉庫の中でよくぞパーツなどがなくならずに残っていたものだ。今日の夕方までには作業を開始するつもり。


今日は朝からこれ。


こんなことは冬の間にやりたいのだが、チビチビの爪でも大豆後の畝崩しはできるから替えるのが勿体なかった。畝崩しも終わって本当は雨などの作業不能日にやりたいところを、1台が使えなくなっているので仕方なく。半日弱がこれで潰れた。


古い機械たちだからね。いろいろ起こるよ。