• 反田孝之

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。


つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表されるように実は中国の手先となって日本を転覆させようとしているという陰謀論めいた事情とか、とにかく何か裏や奥があるのではないかと思っていたのに、実は、何もない?もしかしたら彼ら彼女らはバカなだけ?というふうに使われている言葉らしい。


私もまさにそう思う。


この言葉を個人的にもう一つ当てはめるなら、権力者でなくて市井の人で申し訳ないんだけど、子供にワクチンを打たせようと考えている親。まさか子供にワクチン打たせようとする親がいるなんて思いもよらなかった。打った場合のリスクをどう回収できるんだ。マスコミの言うことはダメよ。もう目を覚ませって。とりあえずこれ読もう。


ワクチンを打っていない子供がいじめられる恐れがあるから積極的に勧めないとか、ギャグ過ぎてもうどこから突っ込んでいいか分からんわ。逆だよ、打った子がいじめられんようにせんとね。親はもしかしてバカかもしれんけど、子供に罪はないんだよ。


何にしてもコロナ、もう終わってるよ。ほんと、マスコミは罪深いね。検査陽性者数を問題視すれば永遠に続くよ、この騒ぎ。コロナの検査陽性を防ぐためならこの国が転覆しても構わないってか。


ってことだと、ただバカなだけの方がよさそうだけど、バカってのも困るよね。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる