• 反田孝之

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。


つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表されるように実は中国の手先となって日本を転覆させようとしているという陰謀論めいた事情とか、とにかく何か裏や奥があるのではないかと思っていたのに、実は、何もない?もしかしたら彼ら彼女らはバカなだけ?というふうに使われている言葉らしい。


私もまさにそう思う。


この言葉を個人的にもう一つ当てはめるなら、権力者でなくて市井の人で申し訳ないんだけど、子供にワクチンを打たせようと考えている親。まさか子供にワクチン打たせようとする親がいるなんて思いもよらなかった。打った場合のリスクをどう回収できるんだ。マスコミの言うことはダメよ。もう目を覚ませって。とりあえずこれ読もう。


ワクチンを打っていない子供がいじめられる恐れがあるから積極的に勧めないとか、ギャグ過ぎてもうどこから突っ込んでいいか分からんわ。逆だよ、打った子がいじめられんようにせんとね。親はもしかしてバカかもしれんけど、子供に罪はないんだよ。


何にしてもコロナ、もう終わってるよ。ほんと、マスコミは罪深いね。検査陽性者数を問題視すれば永遠に続くよ、この騒ぎ。コロナの検査陽性を防ぐためならこの国が転覆しても構わないってか。


ってことだと、ただバカなだけの方がよさそうだけど、バカってのも困るよね。

最新記事

すべて表示

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事

面倒くさい人

私は滅多なことでは病院へ行かない。それはその都度「総合的に考えて行かない方が良い」という判断をするからだ。 しかし少しでも何か変わったことがあると病院へ行くべきと思い込んでいる人の多くは、このことをすぐ大袈裟に解釈しようとする。つまり私が病院へ行かない「主義」なのだとか、自分たちとは違うのだとか。 そして私が車にひかれても病院へ行かないのかとか、脳梗塞になっても病院へ行かないのかとか、おかしなこと