top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

会議や打ち合わせで億劫な人

年末年始は、仕事以外でも地域やPTAなどの会議や打ち合わせが増える。さあどうか、半分くらいが億劫。​3割くらいは極めて億劫。みなさんはどうなんだろう。


それで億劫の原因を改めて考えてみたところ、私の場合は、テーマの進捗や解決に向けて有意義な会話のキャッチボールが為されないときにストレスが溜まるらしい。一番苦手なのは、①無駄にだらだら話す人、②ただ批判がしたくて批判する人がいる時。①はしゃべっている人はすっきりしていいだろうけど、無駄に黙って聞かされる方の身にもなって欲しい。②は見苦しいし、仕切り役の人が上手くあしらえないときは①と同様時間の浪費だし、時にはややこしいことになる。


ただの愚痴になるけれど、会話というのは相手の反応を考えながらするものだ。相手の表情や相槌などを見て、相手が十分理解していそうだったり、反対に興味がなさそうだというなら、話を変えて進めるとか他の話に変えるとかするべき。なのに淡々とひたすら語るから「くどい」とか鬱陶しいとか、嫌な奴だと思われることになる。もちろん完璧に振る舞うのは難しい。私もそう。でも気を付けていれば酷いことにはならないはず。問題はそんなことまったくお構いなしで自分の世界に浸っている人がいるということ。


こういう人には傾向があって、日ごろから暇が多い。間違いない。まったくストレスを感じなかったのに定年退職して暇になったとたん面倒になるという人もいる。念のため言っておくけど、傾向よ、傾向。明日は我が身。気をつけましょ。


関係ないけど、今日から毎日少しずつサブソイラが上げた大石の除去作業をしようと。動画を撮ってUIターンフェアとかで流せば面白そうだ。嫁いだ先で大石取り、とか。


その後、スタブルカルチでの耕うん。昨年より前に取り残した大石のせいで、1時間でネジ(800円)が2本飛んだ。さあ今年は何本とぶか。


最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page