• 反田孝之

力尽きそうな朝の、ありがちな一コマ

昨日、大豆の選別・袋詰めをを完全に終わらせた。今年もやったぞ。なんとも言えない達成感と開放感。そのせいか今朝、布団から起きれない。このまま丸一日寝転んで読書でもできたなら、10月25日以来の休日となって、疲れも取れるし、痛めた膝にもいいのに。


しかしどうでも急がねばならないことがあった。中山間直払制度のとりまとめだ。田津地区に毎年交付されている90万円もの補助金の操作。まずこの1年で農地維持にかかった経費を実施した人に割り当て、役員手当と事務局経費をしょっ引き、残りの額をおよそ30人の構成員に対し各人の管理面積に応じて按分し、口座に振り込むのだ。それを年末までにやるという決まり。人様の懐に入るお金だし、行政に提出する内容だから、それなりに大変な作業だ。


で、力を振り絞って起き上がってノコノコと居間へ行くと、女房が背中をひどく痛めたという。当然私が子供らを保育園に連れていくことに。お迎えは時々やるけれど、登園は久しぶり。そしてサンタさんからの贈り物ではしゃいだ2人につかまってしまった。ちょっと待て、お父さんは死にそうなんだから、とか何とかごまかしながら、本当に死にそうになりながら朝の準備を。洗濯物を干して、服を着替えるだけでも歯を食いしばらなければならない始末。


そして車に乗せて保育所へ向かう間、まあ賑やか賑やか。彼らの言うことは素で面白い。次男はか細い声で、何で?何で?の連発。末娘は元気いっぱいでほとんど意味不明。同時に話しかけてくるから収拾がつかない。疲れていてあしらうのも大変。頼むから一人づつ話してくれ。


事務所についてぐったり。そんなことで必死の朝が終わった。


平日に丸1日、できれば丸2日休めば、体力の回復が図れそうな気がするから、それを楽しみにずっと凌いできた。しかし女房から驚愕の一言が。


「平日って、あと月曜しかないよ。」


・・・マジか。その月曜は忙しくなりそうで休めないから、ということはこのまま休めないまま子供らの冬休みに入るということ。ささやかな楽しみが潰えただけでは済まない。女房も大変な今、私の悩みは深い。

最新記事

すべて表示

発熱もできないほど体が弱っている

午後から大豆の最後のロットを納品し、その足で個人向け販売のロットを引き取り、今期の大豆が終わった。冬将軍の到来に怯えながらの日々も、サトイモの種イモ堀上げと春蒔きゴボウ予定圃の耕うんをする明日で終止符が打たれる。 実に丸々2か月間に渡る繁忙期であった。昨日ついに10月25日以来の休日をとった(10月25日も強行軍で宮崎県の山に登ったのだが・苦笑)。家族で温泉に行き、すっぽんラーメンを食べ、昼寝をし

恩師に刺激をもらう。視界を変えたいね。

昨日リンゴが送られてきた。私の師である造園会社の社長からのお歳暮。お礼を口実に電話をする。懐かしい声。お元気そうで良かった。口ぶりは本当に30年前と変わらない。 「85、6にもなってさあ、会社がいよいよ大っ変なことになっちゃったんだよ。」 すわ一大事かと思いきやそうではなく、密を避けろ、公共交通機関を避けろの掛け声のもと、駐車場や駐輪場の増設の仕事が増え、自分の歳では純粋な土木工事は大変なのだと。