top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。


大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に条件がいい見込みがあるから、つい先延ばししてしまう。困るのは、時間の使い方が中途半端になってその他の作業がはかどらないこと。この時期の本線は秋まきゴボウと緑肥の準備。こんなことならゴボウをガンガン進めておけたなあ、という結果論で悔やむ。


今日は草が乾くのを待つ間を利用して、すでに自己整備済みのコンバインをさらに点検した。そしたら多くのベルトが微妙に伸びていることを発見。これだって大事なことだから、その調整に費やしたということで今日のところは良しとしよう。


午後一でもう一度草の濡れ具合を見て、ダメなら今日も諦める。

最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page