• 反田孝之

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。


大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に条件がいい見込みがあるから、つい先延ばししてしまう。困るのは、時間の使い方が中途半端になってその他の作業がはかどらないこと。この時期の本線は秋まきゴボウと緑肥の準備。こんなことならゴボウをガンガン進めておけたなあ、という結果論で悔やむ。


今日は草が乾くのを待つ間を利用して、すでに自己整備済みのコンバインをさらに点検した。そしたら多くのベルトが微妙に伸びていることを発見。これだって大事なことだから、その調整に費やしたということで今日のところは良しとしよう。


午後一でもう一度草の濡れ具合を見て、ダメなら今日も諦める。

最新記事

すべて表示

夫婦での大石の撤去作業を1日2時間弱ずつ、今日で3日目。今回はサブソイラが全体としてなぜか深く入ったので石が思ったより多いし、掘り出すのに骨が折れる。でも弾丸暗渠がよく効くはず。撤去作業は明日終わる。 またこの石たちのおかげで、ボルトが折れまくってスタブルカルチでの耕うんが遅々として進まない。予備で持っていた12本をすべて使い切ってしまった。あと2.5ha残っているというのに、次に折れたら新たなボ