• 反田孝之

芽出しのムラで播種のムラ

ゴボウトンネルのビニール撤去~解体、稲の播種~苗代作業が同時進行で進んでいる。明日から苗箱下ろしになりそう。が、あさってが風の強い予報。明日は最高の条件だが、1200枚はさすがに1日では終わらない。週末に向けてどうまとめるかで悩んでいる。あさってがさっそく小1の参観日で、この時期はとても面白いのでぜひ見に行きたいがどうだろう。


播種は昨日1日でやった。そこで人生で播種18回目にして初めてのことに出くわす。籾が入らないポットがどうしても1枚につき3~10カ所できてしまうのだ。籾が2粒くらい平均しか入らないように調整すればそうなることもある。しかし近頃はどう調整しても3粒くらい平均で入ってしまって、こういう時は大体きちんと全部に入る。

(女房のマスクは「土ぼこり」対策でコロチンは関係ない)


しばらくして原因は分かった。芽出しにムラがあるからだ。今年は7割は程よい芽出し量なのだが、1割くらいがすでに2ミリ以上、その中には5ミリ以上伸びてしまったものがある。こういうムラになったのは初めて。どうやら間違いなくこれが原因。


ムラになったのは浸種のやり過ぎかどうか。浸種中に1粒でも発芽を確認したらすぐに芽出し、と民間稲作の故・稲葉先生から理由を知らず教わっている。


毎年いろいろあるね。まだまだこれから新しい経験をするんだろう。

最新記事

すべて表示

・・・

連休で更新できず。といっても遊んでいるわけではない。ほぼ毎日作業を進めている。事務所で弁当を食わないので書けないというだけのこと。 モア絡み、稲の育苗絡み、中山間直払い、家庭菜園絡みでロスが多い。おかげで本線の田んぼの管理、大豆の管理がほとんど進んでいない。 今日も光速で進めてはいるが・・大丈夫だろうか。お終い。

突風が吹き荒れて育苗トンネルがやられた

暴風というより突風が昨日から吹き荒れて、にわかに慌ただしい。苗代がやられて。 従来のやり方のところは何も問題はない。トンネルにしたところがシートが剝がされてしまった。風が収まらないので直すのは無理。かといって発芽したてなので放っておくと鳥にやられる。それだけならテグスをちょいちょい張っておけばOKだけど、もう一つ問題が。 それはイネアオムシの被害の可能性。2010年に初めて大被害を受け、それ以来裸