top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

超繁忙期の終了

天気予報を見る限り、どうやら終わったね、超繁忙期。


大豆は相変わらず畑が乾かんので何も手が出せん。どうやら梅雨明け播種になりそう。田んぼはさっき最後の除草を終えた。ぶっ続けで6時間乗ったから、どうも体を損なったっぽい。


決して満足のいく結果ではないけれど、やるだけのことは精一杯やった。あとは天の意のまま。泥落としだ、泥落とし!今日は飲むぞ!!って気分がまあこんなところ。


ところで今日からゴボウの収穫が予定通り始めた。


試し掘りどおりで、形状がうらごけで少し短め傾向。でも重量はある。過去最高レベル。とここで「うらごけ」って調べたら樹木の幹の形状のことを言うんだね。この場合は当てはまらんか。学生時代に習って普通に使ってきたけど、実は通じてなかったのか。反対は「かんまん」。かんまんなゴボウがいいんだけど。


さっそく女房の手で太さ選別も。M、L・・の順で多いみたい。いい感じ。水出るなよ。


最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page