top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

遊休地管理の憂鬱

ちょっと前に触れたが、近頃のメインの作業の一つが田津の遊休地の草刈りだ。国の補助金を使ってやっていることで、私が補助金受給主体である組織の長となって以来、仕組みを作って続けており、今年で8年目になる。 それがこのたび、相当滅入っている。 理由の1つが管理面積が大幅に増えたこと。昨年4.0haだったところが、今年は一気に5.4haになった。しかしそれだけなら、実はこのたび大型トラクターに装着できるモアを新調したため、キャビンによって暑さやアブの襲撃の心配がなくなる上にトラクターの馬力も上がるため、サーっと走らせまくってむしろ体感的な負担は下がっただろう。 ​(珍しくイノシシ被害がまったくないところ。このくらいの草でもどんどん刈れる。)​

​しかしもう一つ厄介な理由があって、イノシシによる掘り返しが​過去最高に​ひどいことである。​それで作業能率がまったく上がらない。​​実は冬頃、当地の界隈ではイノシシが疫病によって個体数を減らしたらしい。実際に田津ではしばらくの間まったくイノシシの痕跡を見なかった。だから春先の草が小さいうちに、これはチャンスと思い、これまでできた凹凸を直してしまおうとロータリーで耕うんをした。クローラ型のトラクターでゆっくりと走って、酷いところは何度か走って、走行してもそれほど問題にならないくらいに均した。 ​それが5月ぐらいからだったか、急激にイノシシが徘徊し始め、ただの痕跡だけでなく、あちこちで大きく畑面を掘り起こし始めたのだ。今までだってモア作業のときにこの凸凹に悩み倒れそうだったのに、このたびはそれを上回る規模と数の穴をあけまくっている。今までの小柄な27PSトラクターでは走行不能のレベルだ。 ​​そして例年なら6月繁忙期前の5月中に一通りモアをかけるところ、このたびは洪水前ミッションの履行のため当然その暇がなく、7月に入ってかけているというわけだ。当然掘り返し被害もより蓄積してしまった。​ 続く。

最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page