top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

気分は泥落としなどと書いたところが、まあ案の定というか、そうは問屋が卸さない。明後日まで、また何だかんだと作業が集中している。


ケチは土日の雨量。一気にあれだけ降ると田んぼの水深が上がって除草機が上手くかからない。それで仕方なく土日はのんきに休んで、水深の調節がきく昨日になって観察した結果、除草機がけのタイミングリミットの圃場が多いことが判明。もう少し猶予があると思ってんだけどね。広いので普段からの観察が楽じゃないわけよ。


それで昨日からとりあえず除草を本線に始めている。しかし昨日は給食米部会の勉強会で半日潰れたし、今日からゴボウの収穫を再開したし、今日はさらにこれから次の収穫ごぼう圃場の葉っぱを刈りにいかんとならん。バックホウの回送とかも。


そして何より、大豆の土寄せがタイミングを迎えている。たぶん圃場に入れそうな明日には入らないと、花が咲くまでに天気の都合でできず仕舞いになる可能性は決して低くない。


ということで、すべてをやることは無理などころか、かなりを捨てなければならないことになった。それで何を捨てるのか。寝ていても、飯を食っていても、除草機をかけていても、ずっと考えている。いつものことながら嫌な判断だ。


と言いながら、昨夜は給食米メンバー有志で楽しい酒を。それをやらなきゃ田んぼ50aが救われたんだけど(笑)。まあいいじゃん、いくらかやけになって楽しんだって。それからこんなもん書いている場合ではないわけだが、もう体も限界に近い。いいじゃん、やけになって休んでも。人生万事塞翁が馬よ。


こんな事情や悩みを知り得ない人向けに、わざわざ書いてみた。

  • 執筆者の写真反田孝之

明日午後からの1日半で150mm予報が出ている。それだけ降ったら、畑も転作田も次はいつ入れるかわからなくなる。ついにギロチンが落ちる。


しかし今回はやるだけのことはやった。大豆は残るは土寄せだけで、もう失敗することはないだろう。そして洪水にも遭わない。今田地区は堤防ですべて囲まれたから。


田んぼの除草も今のところは順調。こちらは雨でも進めていける。


気がかりはただただゴボウ。明日2回目が掘れるとして、その後はどうなのか。いくら水はけがよい畑といっても、雨が降ると収穫機でせりあがる土がほぐれず機能しなくなるので、あまり降るとなかなか再開できない。土がほぐれなくなるのは近年の傾向だ。なぜなのか・・。バックホウ収穫は極力避けたい。そしてなんでもいいから、洪水になる前に1本でも多く掘り上げたい。


さて、残り丸一日。やれるだけのことを、淡々と、しかしながら必死でやる。そして気分は泥落としだ。

  • 執筆者の写真反田孝之

さすがに疲れたので、休憩だ。


今年は儲かる、と言ったから、今日今田の農地を初めて見に来られた人がいる。管理が上手く行っている田畑をみて、感心して帰って行かれた。多くの圃場がほぼ合格点になる中、面積が広いがゆえに手が回らず、微妙な圃場も当然あって、目を吊り上げながら今リカバリーしているところ。完璧な管理をすれば欲が出てきて、少しでもほころびがあると気になってしまって、さらに頑張ってしまう。いいことか、悪いことか。


しかし、だ。本格的な梅雨入りを控えて落ち着かない。言うまでもなく洪水の心配だ。おそらく豊作のゴボウを、早く掘り上げなくてはならない。近年は6月20日ごろから掘る、と決めていて、今年はしゃくし定規に明日20日から掘ることに決定している。そうでもしないと相変わらず稲と大豆の除草に手いっぱいの中だから、つい始められないということになってしまう。


集まる人数次第でもあるが、毎日2時間ずつで、10数日かかる。小雨でもできないため、この時期は厄介だ。作業可能日は基本的にはすべて拾うつもり。

儲かる儲かると喜んだところで、ゴボウが洪水でやられたらジ・エンドだ。死守する、といっても実際にはどうしようもない。淡々と進めつつ、あとはひたすら祈るのみである。


なお、いつものことだが、ゴボウを掘り始めたからと言って、出荷が可能なのは早くても7月中旬以降になる。お取引をいただいている皆様には、例年のようにこちらから販売開始のご連絡をさせていただくことになる。それまで一緒に祈っておいていただきたい。


さあ、暑いが、除草に行こう。

bottom of page