• 反田孝之

「反田って、やってることはそれなりだけど、実は人間として大したことないよね。」と思われる人生でよい。

年末年始は、これで3年連続で、体調が最悪だった。発熱してくれば分かりやすいのだが、結局、まったく熱は出ず。5日連続で1分も仕事をしない、酒も飲みたくない、という新記録並みに長引いて、昨日はどうしても急ぎの仕事だけは片づけたけれど、ようやく今日からまともに動き始めたところ。


ゴロゴロすれば自然と様々なことを考える。ただ体調が悪い中ではあまり前向きなネタはない。といって後ろ向きというわけでもなく、まるでこの世の傍観者かのように、自分の生き方も含め、様々なネタについて眺めるといった風。


歳を重ねているから、当然これまで見えなかったことで、見えてくるものがある。しかし一方で、これまで見えていたのに、見えなくなっていることだって必ずある。後者は見えなくなってしまったのだから気づかないだけのこと。失ったものは何だろう、と考える癖がついている。このたびもついそういうことを多く考えてしまった。


人は何のために生きているかというベタな命題。人と繋がるためだなと、これまたベタな解を思わずにはいられない。


そして改めて「実践者」としての生きるべきと。私には格好よく見せることも見られることも必要ない。(それはそういうポジションの人がやればいいし、またやらねばならない。)ひたすらこの地域の諸問題に農業者の立場から関わること。そして農産物の品質はもちろん量の視点からもこれを維持し高めていくこと。日本一美味いと散々称してもらえるゴボウについてはこれをしっかり守ること。つまり私にしかできないことは最低限しっかりやるということ。


そのためには、変わった言い方をすれば、「反田って、やってることはそれなりだけど、実は人間として大したことないよね。」とかなりの人から思われるような人生を目指す。私に残された人生を生きる上では、たぶんこのスタンスがちょうどいい。

最新記事

すべて表示

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。 つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表される

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事