top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

まずは自分をなくしてみよう

養老孟子氏がまた本を出されていたらしい。そこからのダイジェスト記事。



子供がただのノイズになっている、ということを始めとしてこの記事内容は、氏がこれまでに繰り返し著書で述べてこられたことだ。氏の主張は、私が農業、とりわけ自然農業をやっているせいだろうか、共感し合点がいくことが多いので、これまでにも数冊読んできた。読んでない人にはせめてこのリンクの記事は読んでみて欲しい。


ちょっと趣旨を違う方へ向ける。この記事の中の件(くだり)、


『確固とした自分があると思い込んでいるいまの人は、この感じがわからない。むしろ変わることはマイナスだと思っています。私は私で、変わらないはず。だから変わりたくないのです。それでは、知ることはできません。


でも、先に書いたように、人間はいやおうなく変わっていきます。どう変わるかなんてわからない。変われば、大切なものも違ってきます。だから、人生の何割かは空白にして、偶然を受け入れられるようにしておかないといけません。人生は、「ああすれば、こうなる」というわけにはいきません。』


これを例えば、昨日うちに来た20人弱の農業大学校の生徒に伝えたい。


これからの前途洋洋の人生の中で、農業に少なからず従事するためには修業を勧めたい。しかし今や時代は変わりつつある。そんな道は探すことすら難しい。修業の良さはいろいろあるが、その中で、修業とはまずは「自分をなくすこと」から始める。まずは自分が目指すパフォーマンスを阻害する要素(農業で言うなら「肥毒」)を、言うなれば今までの人生の垢、を洗い直すことから始めるのだ。そんな垢などない!ではなくて、必ずある。しかも大量に。そしてそれらを消し去って始めて、その人自身が求めるパフォーマンスが表れる。結果的に「個性」と呼ばれることもある。


しかし自分がなくなったら大変だ!と慌てる人が今の時代には多いのだ。なくなるわけがないではないか!と修業をした私にはあまりに阿保らしく思えるのだが。


と、実はこのことと、最後に面白おかしく伝えた修業論の前書き10ページは繋がっている。ぜひまずは10年、このことを頭の片隅に置いてやってもらいたい。そうすれば修業をしなくたっていいパフォーマンスは可能だし、人生は大いに愉快になるだろうと思う。

最新記事

すべて表示

別に。ただ合わないってことよ。

これまでに何度か書いてきたが、私は自分からは嫌いな人がいない一方で、「何となく」という理由でかなり人に嫌われるクチだ。そういう場合は、とりわけ相手が権威主義的であるような場合は、誰に嫌われようがほとんど気にならない。どころかその人をおちょくりたくなってしまう。大の大人がみっともねえな~って。 でもね、私を嫌っている原因が何となく推測できる場合で、かつそれがきっと誤解だとか、私には悪気がまったくなか

次男と一緒に風呂に入るのが楽しい

次男のリクエストで一緒に風呂に入ることが多い。風呂とは面白いもので、長男の時もそうだったが、普段話さないような、そして本音をよく含んだ会話になる。次男の場合、私の体験談というのが多くなる。私にとっては過去を思い出せてくれるいい時間になっている。 中でも彼は、私の「自慢話」や「苦労話」「成功話」「失敗話」的なものを面白がる。これは彼の成長を願う私としてはとても嬉しいことだ。こういう話を毛嫌いする人が

bottom of page